ETCカードが使える場合、使えない場合

Posted by admin at 2 2月 2014

Category: 見落としポイント

高速自動車国道と都市高速道路の全ての料金所はETCが設置されているので、ETCカードの使用してのノンストップ走行が可能ですが、他の高速道路ではETCカードを使用出来ない料金所があります。

またETCカードが利用出来ても現金支払いと同様に、料金所でいったん停止してETCカードでの精算の処理をしなければいけない料金所もあります。

ただ、一部のこのタイプの料金所では、ETCカードを使用する事で時間帯別の割引が受けられる事もあります。

ETCが使用可能な料金所にETCのレーンがない、もしくはETCが何だかの理由があって利用が不可能な場合は、一般のレーンを利用する事になりますが、その場合でもETCカードを高速料金の支払いに使用する事が可能です。

高速料金が距離に基づく制度の高速道路において、入口の料金所にETCのレーンがない場合はETC車載器に入口の情報がないので、入口の料金所で受け取った通行券とETCカードを、出口の料金所の収受員に渡す必要があります。

高速料金以外の支払いにETCカードが使用可能な場合もあります。

ETCカードが使用可能な施設は、現在一部の駐車場やガソリンスタンド等に限られていますが、この先、料金精算のシステムの1つとしてETCカードが広く使用される可能性が高まっています。

この投稿へのコメントは受け付けていません。